FC2ブログ
プロフィール

RCエレファンテ

Author:RCエレファンテ
RCエレファンテ店主Mパパです。
チタンパーツ、カーボンパーツの製作が大好きです。
日々の作業風景などを、不定期的にUPしていきます。。。
どうぞ宜しく(^^;

その他の言語 Ver.3
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブレーキ完成、エンジン搭載準備完了。
P1000276.jpg
ブレーキのエアー抜きをして、配管をチェック!
漏れ無し!問題無し!いい感じです。。。
で、パワステやら、水周りやら、マスターバックやらのホースを交換しました。



P1000277.jpg
エンジン本体もチェックをして、搭載準備完了です。
と、ここで、頭を強打。。。大量出血のため、本日は終了~。。。

エンジン搭載は明日からであります。

スポンサーサイト



2011.03.31 Thu | ランチア デルタ | T:0 | C:3
Pバルブ取り付け&リアブレーキライン製作
ブレーキラインの続きです。
プロポーショニングバルブの取り付けと、リアブレーキのライン製作。。。

P1000274.jpg
Pバルブは室内に。。。邪魔にならず、使いやすい位置を模索。。。で、サイドブレーキの横、助手席側に取り付け。
ステーは5mm厚のチタン材で製作。あまり力のかかる所ではないのですが、レバーを動かした時にフニャフニャ動いたり、曲がってしまったら嫌なので。。。



P1000273.jpg
純正のPバルブ一式を撤去し、リアのブレーキラインもフロント同様に製作。



P1000275.jpg
ばらしたパーツを組み付けて、ブレーキライン完成。
こちらもかなりスッキリしました。
後は、明日助手を頼んだので(一人でエアー抜きはしんどいので・・・)、ブレーキのエアー抜きをしながら、各部のチェックをして、問題が無ければ、エンジンルーム内のホース等を交換して、エンジンを乗せる準備!!!

いよいよ、エンジンを搭載するであります。。。

2011.03.30 Wed | ランチア デルタ | T:0 | C:1
ブレーキマスター交換&ブレーキライン製作
ブレーキマスターの加工取り付けと、ブレーキラインの製作です。

P1000265.jpg
国産のブレーキマスターを取り付けました。
当然ボルトオンでは着きません。。。マスター側にデルタのマスターバックに合わせて取り付け用の穴を開けます。マスターバック側のプッシュロッドが短いので、延長ロッドを製作して取り付けます。



次に配管の製作です。
P1000268.jpg
特殊工具?を使って、フレアを付けます。
P1000271.jpg
こんな感じです。(国産タイプのダブルフレア)



P1000266.jpg
P1000267.jpg
マスター側はダブルフレア、キャリパー側はユーロタイプのコンベックスで製作し、取り付け。
このパイプ。。。材質は企業秘密の特殊素材だそうで、錆びない、柔らかくて曲げやすいと良い所だらけなんです。ブロンズっぽくて、見た目にも良いかも。。。
これでフロントは完成です。
次は、室内にプロポーショニングバルブを取り付けて、リア周りの配管ですね。。。

2011.03.27 Sun | ランチア デルタ | T:0 | C:2
ABS撤去。
某銀行のATMは使えるようになったのかな???
振込みも出来なきゃ、引き出しも出来んぞ。。。財布の中身が千円になってしまった・・・


さてと、今日はブレーキ周りのばらしです。

P1000209.jpg
まずはABS本体の撤去。



P1000263.jpg
これだけ取っ払いました。


P1000264.jpg
で、こんな感じ。だいぶスッキリしました。
ブレーキマスターを外し、中をのぞくと・・・マスターを社外品に変えるには加工が必要です。材料を調達せねば。。。で、ここで終了!
明日からいよいよ、ブレーキ配管の撤去と製作が始まります。。。多分。



2011.03.25 Fri | ランチア デルタ | T:0 | C:2
デルタエンジン完成
今日は停電ないのかなぁ~?
エキマニの包帯巻き巻きからスタート。
チタンっぽい色でなかなかかっこ良いのですが、すぐに解れてきて、意外と大変でした。。。

P1000259.jpg
ステンレスのワイヤーロックで数箇所留めて完成です。



P1000260.jpg
舶来物の軽量フライホイールを、ロックタイトを塗った強化ボルトで留めて。。。

P1000261.jpg
舶来物のメタルディスクと強化クラッチカバーを取り付けて。。。




P1000262.jpg
包帯巻いたエキマニ付けて、タービン付けて、ミッション付けて、トランスファー付けて、ほぼ完成です。
書くと簡単なんだけどね~。。。エキマニ取り付けるのに2時間もかかってしまった・・・特殊工具を作って、何とか取り付けたけど、次外せるかは・・・?包帯巻いたら、工具がまったく入らなくなってしまった・・・

次は。。。エンジン乗せる前に、ABSを取っ払って、ブレーキラインの製作です。

2011.03.24 Thu | ランチア デルタ | T:0 | C:1
デルタエンジン~その後~
計画停電の時間帯が、なかなかおいしい所を狙ってくれるので仕事がなかなか進みません・・・
東電の悪口をうだうだと言ってる人もいますが、東電も一生懸命頑張ってるみたいですし、前向きに、みんなで力を合わせて頑張りましょう!
ウチも間接的ですが、震災の影響でかなりの損害が出てしまいました・・・(><)資金繰りでてんてこまいです。。。

さて、話がそれましたが、デルタのエンジンもかなり出来上がってきました。

P1000255.jpg
こんな感じです。
ヘッドカバーを塗装をすると、すごく綺麗に見えます(^^)



P1000252.jpg
塗ってから7年も経つとかなり痛んできますので、塗りなおします。前回の塗装はパウダーコートだったので、なかなか塗装が落ちません・・・業務用強力剥離剤を塗る事3回目。。。



P1000253.jpg
P1000254.jpg
綺麗に塗装が剥がれた所で、塗装です。
放熱効果、消音効果をと。。。って事で、今回は結晶塗装にしました。
せっかくばらしたので、サージタンクも塗りました。
塗装後、130度で20分ほど焼き付ける、焼付け塗装です。




続いてミッション、トランスファーのお掃除です。

P1000256.jpg
15年位かな?の汚れが。。。



P1000257.jpg
アルミの腐食は落ちませんが、油汚れが落ちて、かなり綺麗になりました。

で、停電なので、今日はここまで。

2011.03.23 Wed | ランチア デルタ | T:0 | C:1
シフトリンク強化ブッシュ
この度、震災にあわれた方には何と言ったら良いか・・・言葉が思いつきません。
微力では御座いますが、ほんの少しの募金と、ほんの少しの水等、救援物資を送らせて頂きました。
みなさんがんばって下さい。



弊社は大した被害も無く、少しずつですが、何とか仕事を再開する事が出来ました。

P1000249.jpg
硬度90のウレタンを鍵盤で削りだし、シフトリンクの強化ブッシュを作りました。


P1000248.jpg
写真では黒っぽく見えますが、左側が今回製作した強化ブッシュ。
センターにはアルミを削り出したカラーが入ってます。
右側は純正ブッシュ。


P1000250.jpg
こちらはシフトリンクの固定側?のブッシュです。
これで旋盤仕事は終わりです。。。多分・・・


2011.03.15 Tue | ランチア デルタ | T:0 | C:3
ビモーターDB2
今日は事務仕事が忙しかった~(><)
書類や伝票の整理。荷物の発送、集金、振込み。。。
身体動かすより疲れます。
その合間にDB2の車検に行って来ました。

P1000246.jpg
いや~、いつ見てもかっこいい~!
今日始めて乗りましたが、見て良し、走って良し。。。バイクが欲しくなります。。。


P1000247.jpg
後姿もSEXYです。
このマフラーの出方が素敵です。


で、事務仕事は、まだまだ続きます・・・

2011.03.10 Thu | バイク | T:0 | C:0
デルタエンジン組み付け&パーツ加工
イタリアからパーツも届き、組み付けを開始してみると・・・付きません・・・(><)
今日は、加工の日。旋盤とフライスが大活躍でした。。。


P1000240.jpg
オルタネーターのプーリー。
社外のオルタネーター?が付いていたので、プーリーを加工しないと、せっかくのアルミ製イタリアンプーリーが付きません。(左がアルミ削りだしのイタリアンプーリー、右が社外オルタ?のプーリー)


P1000241.jpg
旋盤で削り中。。。


P1000242.jpg
こんな感じになりました。


P1000243.jpg
厚みがありすぎて、ナットが留まらないので、内側もフライスで削りました。



P1000244.jpg
ベルトテンショナーのブラケット。純正と並べて比べると、こんなに厚さが違います。プーリーを取り付けると、案の定、『段違い平行棒』。プーリー側のカラーをギリギリまで削って、何とかクリアー!


P1000245.jpg
今日のところは、こんな感じです。
はぁ~。。。全然進まない・・・

2011.03.09 Wed | ランチア デルタ | T:0 | C:3
イタリアンパーツ入荷
イタリアからパーツが届きました。
これで、すべてのパーツが揃いました。。。多分・・・

P1000235.jpg
軽量プーリーセット。
ウォーターポンプを電動化してたり、エアコンレスじゃないと使えなかったりで、今回使わないプーリーが何点かありますが・・・


P1000236.jpg
これは、オルタネーターや、パワステポンプなどのブラケット。アルミ削りだしで純正とは比べ物にならない位軽いです。


P1000237.jpg
アルミ製ウォーターパイプ。作りがいかにもイタリア~ンな感じですが、とても軽いです。


土曜日にヘッドを載せ、ヘッドボルトを規定トルクで締め、日曜日はFSWへ。。。月曜日に休みを返上して、90度+90度の角度締め。
で、撤去したバランスシャフトの穴を塞ごうかと。。。
排気側の方は、キットの中にベアリングが付くアルミ製の目くら蓋が付いてきたのですが、吸気側の方が・・・

P1000238.jpg
こんな感じ。。。これで、オイルラインは、タップをたてて、イモネジで栓をするって感じ。
何か、不安だし、かっこよくない。。。


P1000239.jpg
フライス盤も導入したし。。。アルミで作ってみました。

こんなの作ったり、細かいパーツを洗ったり、サンドブラストかけたり、色塗ったりしながら組み付けてるので、全然進みません・・・


2011.03.09 Wed | ランチア デルタ | T:0 | C:0
デルタエンジン組み付け開始!
部品もほぼ揃ってきたので、エンジンの組み付けを開始しました。。。
クランク取り付け、締め付けトルクは、2kg/m+130°コンロッドは2.5kg/m+50°

P1000229.jpg
この角度締めってちょっと嫌いかも・・・



P1000230.jpg
ジャーナルのクリアランスをプラスチックゲージで測定。
メインジャーナルは0.038mm~0.051mm・・・クラスAの0.037mm~0.061mmを何とかクリヤー!
ロッドジャーナールも0.038mm~0.051mm。。。微妙~!!!何とかクラスAの0.025mm~0.049mmの範囲内かな~。。。



P1000231.jpg
ピストン、コンロッド組み付け完了!



P1000234.jpg
で、蓋をして腰下ほぼ完成!
オイルパンは赤く塗ってみました。。。確かワークスが赤だったと思ったので。。。

2011.03.04 Fri | ランチア デルタ | T:0 | C:1
エンジンブロックWPC完了
ボーリング、面研そしてWPCと、すべての工程を終えて、エンジンブロックが帰って来ました。
これから、いよいよ組み付けです。

P1000225.jpg
塗装したブロック表面までWPCが・・・



P1000226.jpg
シリンダー内はこんな感じ。


P1000228.jpg
ブロックの裏側まで・・・

後は、イタリアンパーツの入荷を待ちつつ、組み付けです。

明日、明後日で組み付けて、6日は富士スピードウェイへGOです!

2011.03.03 Thu | ランチア デルタ | T:0 | C:1