FC2ブログ
プロフィール

RCエレファンテ

Author:RCエレファンテ
RCエレファンテ店主Mパパです。
チタンパーツ、カーボンパーツの製作が大好きです。
日々の作業風景などを、不定期的にUPしていきます。。。
どうぞ宜しく(^^;

その他の言語 Ver.3
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
ランチアデルタ オルタネーター交換
寒いですね~。。。

寒さと、体調不良に負けて、作業が進みません。。。

はい。私はダメ人間ですよ~。。。


さてと、久しぶりの、デルタ整備ネタです。。。


P1000640.jpg
日本製品を使って、フルオーバーホールをする野望は、電装屋さんの『無理!』と言う一言に、あっさりと打ち砕かれ、マレリー製パーツを使ってのオーバーホールとなりました。
オーバーホールって言っても、ケース以外はすべて新品です。


P1000641.jpg
取り外したオルタネーターと2ショット。
オルタネーターの取り外しって、こんなに大変だったっけ~???
この前16Vのオルタ交換した時は、もっと簡単だったような気がするが・・・
手は入らないし(いつもの事だけど・・・)足回りバラさないと、外れないし。。。

マレリーの箱とビニール袋はいただき~っす。。。コレクション(^^)


P1000642.jpg
でっ。取り付け完了!
外すのがすご~く大変だったけど。。。付けるのは、も~~~~~~っと大変でした(-_-+
でも、綺麗な部品が付くと、気持ちい~ね。。。(^^)


P1000643.jpg
で、この子、フェンダーライナーが無いんです。。。
オルタネーターに水がかかるのが嫌と言う、オーナーさんの希望もあり、水よけカバー?を0.5mm厚のPP板をカットして、取り付けてみました。
気休めかもしれませんが、とりあえず、オルタネーターは隠れたので、水の直撃は避けられそうです。


バッテリーを取り付け、エンジン始動し、チェック!
バッテリーの警告等が消え、ボルト計も12V付近を指しているので、OKでしょう。(テスター値14.5V)


スポンサーサイト
2011.11.25 Fri | ランチア デルタ | T:0 | C:1
ジャガーXJ-S V12インテーク
本日は知り合いのジャガー屋さんのイベント日です。。。
朝6時位まで手伝ってました~。。。(^^;

それで、急遽イベント用に、インテークパイプを作りました。


P1000626.jpg
またまた、フライス盤でのフランジ作りです。
今回はアルミなので、意外とらくでした(^^)


P1000628.jpg
寸法を測り、カットした、アルミ90度パイプを溶接し、ブローバイや、負圧の配管を溶接し、センサー用のボスを作りました。今回は、現車が手元に無く、採寸した、データーを元に製作したので、ちょっと不安でした。



P1000629.jpg

P1000630.jpg
完成品を現車に取り付けたとこらです。
意外とピッタリ付いたので、一安心ですね。。。

P1000631.jpg
カーボンエアクリーナーとの相性もばっちりですね。
エンジンルームもスッキリして、レーシーになりました。


イベントが大成功で終わればいいな~。。。


2011.11.20 Sun | ジャガー | T:0 | C:2
Kawasaki ZX-12RカーボンRフェンダーその2
今週末はやる事多過ぎて、かるくパニック状態です。。。

知り合いのジャガー屋さんの、日曜日のイベントに間に合わせるため、突貫でパーツ作ってます。。。
詳細は後日と言う事で。。。(^^;

ランチアデルタは材料入荷待ちで、手を付けられずで、作業が止まってます。。。

その間に、ZX-12Rの作業を進めます。


P1000622.jpg

P1000623.jpg
大体のマスターが出来上がったので、マスキングをして、プリエステル離型テープを張りました。
これで、準備完了。FRPを貼っていきます。


P1000625.jpg

P1000624.jpg
出来上がった、マスターにFRPを1プライ貼りました。
これで、乾くのを待って、剥がします。



P1000627.jpg
約1日乾燥させ、マスターから剥がし、もう1度、全面にFRPを貼りました。
大きめに作ってあるので、乾いたら、綺麗にカットして、形を整え、表面をサンディングして、仕上げます。

さて、どんな形にするか、ここからが勝負です。。。

2011.11.18 Fri | バイク | T:0 | C:0
ランチアデルタアクチュエーター取り付け
溜まってたブログネタその2です。

タービン交換中のデルタですが、アクチュエーターの取り付け場所がほとんど無く、リンクとステーを作り直して取り付けました。


P1000582.jpg
タービンに元々付いていたアクチュエーターとステーです。
この状態では、まったく付きません。。。


P1000608.jpg
取り付け位置を決めて、現物合わせでリンクとステーを作りました。ステーはチタンです(^^)v
取り付けが知恵の輪状態で、アクチュエーターをステーに取り付けた状態では付けられないので、ステーに切り欠きを入れました。これで、それぞれをタービンに取り付けながら、合体させました(^^;


P1000611.jpg
取り付け完了。
正圧をかけてテストした所、スムーズに動きました。。。(^^)



P1000610.jpg
エキマニ割れ防止のため?ステーをを製作して取り付けました。。。
材質は、勿論チタンです(^^)

後は、フロントパイプとタービンにサーモテックを巻いて、エキゾーストは完成ですね。。。


2011.11.15 Tue | ランチア デルタ | T:0 | C:3
Kawasaki ZX-12Rカーボンフェンダー
何だか、やたらと忙しくて、なかなかブログを更新出来ません・・・
おまけに、腰をやっつけちゃいました。。。(><)
痛くて、動きが亀並みのスピードです。。。


ネタはだいぶ溜まってるんですが・・・
本日は、ZX-12Rのワンオフカーボンリアフェンダー製作の途中経過です。


P1000607.jpg
タイヤをマスキングして、ウレタンフォームを貼り付けていきます。

P1000613.jpg
P1000612.jpg
サイドに型紙を張って、大体の形を作っていきます。

P1000616.jpg
P1000617.jpg
タイヤの前方部分にも、型紙を張って、形を作っていきます。。。

この上から、ポリエステル離型テープを全面に貼り、タイヤやスイングアーム、ボディーなど全面をマスキングして、FRP樹脂を貼っていきます。
乾いたら、剥がして、ベースマスターの完成ですね。。。

そこから、パテ盛ったり、切ったり、削ったりして、製品マスターを作ります。

デザイン、センスを問われる仕事ですね。。。(^^;

2011.11.14 Mon | バイク | T:0 | C:0
RCE作業進行状況。
だんだん寒くなってきましたね~。ちょっと風邪ひいちゃいました(><)

現在のRCE作業進行状況報告です。。。
かなり忙しくなって来ましたが、年末に向けて、ラストスパートです。。。


ランチア デルタEVOⅡジアッラ
P1000581.jpg
タービン交換、その他もろもろ。。。のデルタです。
フロントパイプは、ほぼ完成です。。。あとは、スプリング付けたり、O2センサー取り付けようのボスを付けたりですね。

P1000582.jpg
次は、アクチュエーターの取り付けかな~。。。
ロッドを延長加工して、ステーを製作します。スペースがほとんど無く、取り付けられる場所が限定されるため、ちょっと厄介です。。。



Kawasaki ZX-12R
P1000576.jpg
とっても綺麗でカッコイイZX-12Rです。
こちらの車両は、リアフェンダー(アッパー、ロア)をカーボンでワンオフ製作します。
あと、まだ決定ではないですが、motoGPタイプコニカルサイレンサーをチタンで製作します。

P1000577.jpg
今週から本格的に作業開始しましたが。。。
ウレタンフォームを貼り付けて、型を製作しようと・・・
まだ在庫があったと思っていたウレタンが見つからず、あわてて発注。。。
明日には届くでしょう。。。多分(^^;



ランチア デルタEVOⅠベルデヨーク
P1000578.jpg
とても珍しいベルデヨークです。
ずいぶん前に製作したチタンマフラーのフック取り付け部分にクラックが入ってしまい、溶接して修理をしました。

P1000580.jpg
作業も無事終了し、納車となりましたが、帰宅途中にオルタネーターが急死したようです。。。
急遽、引き返して来て頂き、そのままお預かりになりました。
円高の影響で、純正オルタネーターは5~6万で購入出来そうですが、その前に日本国内で、フルリビルト出来ないか、電装業者に依頼中です。今週中には、出来るか出来ないかの結果は出ると思いますが・・・
出来たらいいですね~。。。純日本製の最新オルタです(^^)



アルファロメオ155Q4
P1000579.jpg
放置車両のアルファ155Q4をバラシテ部品売りしてます。。。
書類もちゃんとあるし、エンジンもかかるので、綺麗にオールペンして乗ってくれる方を探したのですが、誰もいないので、バラシテ部品売りする事に決めました。。。
これが、予想以上に問い合わせが多く、てんてこ舞いです。。。



ランチア デルタEVOⅠ
P1000583.jpg
やる事いっぱいのデルタですが、まったく手が付けられません。。。
今月中は、まず無理そうなので、来月になったら、少しずつ始めたいと思ってますが・・・

あと社用車?のプレオ君も、マフラー交換をして車検を取らなくては。。。


2011.11.10 Thu | ランチア デルタ | T:0 | C:0
ランチアデルタ フロントパイプ
昨日はお休みだったのですが。。。やっぱり仕事でした・・・(><)
でっ!ランチアデルタの電装品を、純日本製でリビルトすべく業者さんと打ち合わせに行ってきました。。。
上手くいったら、報告します。。。ダメだったら、放置しますので、忘れてください(^^;

さて、本日の作業は、ランチアデルタ、タービンアウトレット&フロントパイプ製作の続きです。
仮合わせしていたチタンパイプを溶接します。


P1000566.jpg
最近スランプなんです。。。一発でうまくいかないんですね~。。。
今回もここまで溶接して、仮合わせした所。。。『気に入らない。。。』
で、また作り直し。
溶接機も古くて、電圧が安定しないし、ガスレンズも無いから、溶接目が美しくない(><)
そろそろ買い替えたいのだが・・・



P1000572.jpg
上が失敗作で、下が作り直した物。。。
よーするに、Rがきつすぎて嫌だったので、作り直しました。(前回とまったく一緒。。。進歩無し)
クリアランスがほとんど無いので、Rをきつく作って、仮合わせをしたら、ゆるくてもいけそうだったので、作り直したって事です(^^;



P1000573.jpg
すべての曲げ角度を見直し、ゆるくスムーズに排気が抜けるように作って見ましたが、どうでしょ~。。。



P1000574.jpg
取り付けて、上から見たところです。

P1000575.jpg
下から見たところ。
当初より、だいぶ直線的になりました。
ここから先は70パイになります。


2011.11.08 Tue | ランチア デルタ | T:0 | C:1
マルティニデルタ完成。
イグニッションコイル交換や、チタンRロアバー製作、車検等でお預かりしてました、赤マルデルタが、すべての作業を完了いたしました。


P1000552.jpg
デルタの車検では、毎回恒例、別のラインでの、よってたかってのいじめ風景です。。。(^^;
この後、検査員が2人増えて、ディスカッションに・・・
何で毎回同じ事言って、同じ事やるんだろ~。。。時間の無駄だと思うんですよね~。

まぁ今回は、検査ライン上で30分ほどお不動さんになり、渋滞を作ってしまったので、何も文句を言わず、笑顔で、素直に言う事を聞きましたが。。。(^^;



P1000565.jpg
何だかんだと、ドタバタしちゃいましたが、無事車検も取得し、お店に帰ってきました。。。
車検時に取り外したパーツを取り付けて、納車準備完了です。

只今洗車中~(^^)

2011.11.04 Fri | ランチア デルタ | T:0 | C:2
ランチアデルタEX製作
本日は、タービン交換作業中のデルタの、EX製作に取り掛かりました。

まず、オイルラインとウォーターラインを製作し、アウトレット、フロントパイプの順に作業を開始します。。。



P1000542.jpg
アウトレットパイプ。タービン側のフランジ製作です。
旋盤で、チタン板をドーナツ状に加工します。



P1000544.jpg
オイルラインとウォーターラインを取り付けます。
出来上がったフランジを、カットした76.3パイ90度のチタンパイプに取り付けます。
仮組してタービンに取り付けた状態です。


P1000551.jpg
さらに、輪切りにしたチタンパイプを繋ぎ、フロントパイプの仮組をします。
Rのきついオイルパン手前までを76.3パイで製作し、スペースの狭くなるオイルパンから後ろ部分を緩やかに絞込み、70パイで製作します。

何処も彼処もクリアランスギリギリです。。。(^^;


2011.11.03 Thu | ランチア デルタ | T:0 | C:5
ランチアデルタ チタンRロアバー
早いもので、もう11月です。。。
あと2ヶ月弱で今年も終わりですね~。。。1年早いなぁ~。。。


さて、注文していたチタン材がやっと届きましたので、早速ロアバーの製作です。
今回は、色んなサイズのチタン板や、規格サイズに無いチタンパイプを注文したので、ちょっと時間がかかりましたね~(^^;


P1000546.jpg
でっ、いきなり、完成した、チタン製のリアロアバーです。(途中の写真撮るの、また忘れました~)
太さ25.4パイ、肉厚1.6mmのセミシームレスパイプと、3mm厚のチタン板で製作しました。
量産して販売するなら、ロッドエンドを使って調整式にするのですが、今回は(今回もかな)現車合わせのワンオフ製作なので、しっかり溶接の、ピッタリサイズで製作しました。。。


P1000549.jpg
ん~ピンボケ。。。
取り付けると、こんな感じです。
ワークスと同じタイプのものがスパルコ?から出てましたが、ガソリンタンクがあると付かないんですよね~。。。

デフガードのボルト穴を利用した、純正ガソリンタンク装着車用チタン製リアロアバーの完成です。

2011.11.02 Wed | ランチア デルタ | T:0 | C:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。